九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

「オールみやざき」で連携を

「オールみやざき」で連携を

宮崎大学医学部外科学講座 心臓血管外科分野
古川 貢之 教授(ふるかわ・こうじ)
1995年山口大学医学部卒業。宮崎県立延岡病院、
宮崎市郡医師会病院、宮崎大学医学部附属病院心臓血管外科講師、
同外科学講座心臓血管外科学分野准教授などを経て、2021年から現職。


◎生まれ故郷に還元

 「人の役に立ちたい」という一心から医者になり、生まれ故郷の宮崎に戻り、心臓血管外科診療に従事してきました。さまざまな方に支えられ、多くの患者さんとの出会いに感謝しながら、職責を果たしていきます。 

 当講座は2015年4月から心臓血管外科、呼吸器・乳腺外科、肝胆膵(すい)外科、消化器・内分泌・小児外科、形成外科からなる大講座制に移行し、5分野が機能的に診療・研究・教育活動を行っています。専門領域の重複を排除し、専門性を高め、患者さんに分かりやすく、安全で質の高い外科診療を提供しています。

 大講座制のメリットは、横断的な協力が可能となり、外科講座が一体となって問題に当たれることです。合同手術が日常的に行われ、治療の質の向上にも貢献。県内の外科同門会も一つとなり、強固な協力体制へ発展しつつあります。この体制を深化させ、社会に還元できるよう努めていきます。


◎緊密な連携体制を

 心臓血管外科分野では、大学病院と宮崎県立宮崎病院、宮崎県立延岡病院、宮崎市郡医師会病院の関連3病院の連携施設を挙げて、診療の質向上に全力を尽くします。県内で循環器疾患を担当する全ての先生と「オールみやざき」となって、緊密な連携を図っていきます。

 20年10月に策定された「循環器病対策推進基本計画」を受けて、緊急大動脈疾患に対し、効率的な診断、治療、患者搬送システムを提供する宮崎県版の大動脈ネットワークをぜひとも構築し、県内の緊急大動脈疾患による死亡数を減少させたいと考えています。

 大学病院は地域に根差しつつも、世界標準の医療の提供に尽力し、宮崎県心臓血管外科治療の「最後の砦(とりで)」の覚悟を持って患者を引き受け、心の通った治療を行いたいと思います。

 また、これまで当科では1000㌘未満の未熟児動脈管開存症の手術を多数手掛けました。今後は小児科、麻酔科と協力し、先天性心疾患に対する小児心臓手術にも取り組でいきたいと思います。


◎名医ではなく良医であれ

 新研修医制度導入後、地方大学の多くで臨床医が不足し、地域の医療機関に医師を派遣することが困難となっています。また新型コロナウイルス感染症の拡大は、マンパワーの少ない地方医療の脆弱(ぜいじゃく)性をあらわにしています。

 また外科、特に心臓血管外科領域では緊急大動脈疾患など緊急性の高い長時間の手術に従事せねばならず、今後の医師の働き方改革が推進される中での医師の確保は最重要課題と言えます。

 医局が地域のニーズに応えるためには、いかに次世代を担う若者を確保できるかがとても大切です。そのために、若手医師に活躍の場を提供し、明るく活発な教室をつくり、外科を選択してもらうよう努めていこうと考えています。特に今後は女性医師に外科を選択してもらえる環境を整えることが大切です。しっかりとワークライフバランスがとれる体制を整えていきたいと思います。

 私が入局した当時の古賀保範教授から引き継がれるモットーが「名医ではなく良医であれ」です。これは患者さんとの関係は然り、先輩と後輩、医療スタッフとの関係、社会的倫理などさまざまな場面に当てはまる言葉だと思います。相手のことを思いやり、考えることで求められる責務を知り、それを果たすことで社会貢献し、自ずと自らも幸せになっていくものだと思います。

 もう一つ引き継ぐべきモットーが「絶えざる自己研鑽(さん)を」です。医療者の使命は一人でも多くの患者さんを助け、社会貢献すること。そのためには医師の職責を自覚し、高度な専門知識を取得して医療水準を維持・向上させねばなりません。その姿勢が今後も正しく引き継がれる組織でありたいと考えています。

宮崎大学医学部外科学講座 心臓血管外科分野
宮崎市清武町木原5200 ☎0985-85-1510(代表)
hhttp://www.med.miyazaki-u.ac.jp/home/surgery/

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる