九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

沖縄県立中部病院 本竹 秀光 院長

新専門医制度、働き方改革、医師の偏在ー。複数の論点が交錯しながら「これからの医師像」の模索が続いている。ハワイ大学のバックアップで始まった沖縄県立中部病院の卒後臨床研修は多くのジェネラリストを輩出し、戦後以降の県の医療を支えてきた。その歴史をひもとくことで「教育のヒント」が見えてくる。

続きを読む

琉球大学医学部附属病院 病院長 藤田 次郎

病院長になって4年目になる。医学部職員を対象とした年頭の挨拶に際し、琉球大学医学部附属病院から見た初日の出をパワーポイントで紹介している。2018年の正月はスーパームーンでもあったため、日の出(元旦、2日、3日の3日間)に加えて月の写真も一緒に紹介した。

続きを読む

2018年12月号本紙目次

目次

本誌ではweb 版には掲載していない記事も多数ございます。

こちらの目次から該当の記事をお選びください。当月の記事をご覧いただけます。

目次はこちら。

続きを読む
メニューを閉じる