九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

医療法人八宏会 有田胃腸病院 白水 章夫 院長

長年、消化器疾患専門で運営されてきた有田胃腸病院。病棟稼働率が%程度と低迷する中、稼働率を回復するために取り組んだのが、一般急性期病棟の一部を、リハビリを強化した病棟へと移行する病棟再編だった。それから1年余。地域の需要ともマッチして、軌道に乗りつつある。

続きを読む

社会医療法人敬和会 森 照明 統括院長

手術支援ロボット「ダビンチ」やAI技術の導入、介護用見守りロボットなどが注目される昨今。いち早くリハビリテーション用のロボットスーツ「HAL®(Hybrid Assistive Limb)」を取り入れたのが「社会医療法人敬和会」だ。導入を進めてきた森照明統括院長に聞いた。

続きを読む

大分大学 学長 北野 正剛

明けましておめでとうございます。皆さまにおかれましては、健やかに新春を迎えられたこととお慶び申し上げます。本学は、地域に根差し、地域が求める人材を養成し輩出する大学として、ガバナンス改革を実施し、併せて大学の機能強化として新学部・教職大学院の設置、学部改組などの組織改革を行ってきました。

続きを読む

2018年12月号本紙目次

目次

本誌ではweb 版には掲載していない記事も多数ございます。

こちらの目次から該当の記事をお選びください。当月の記事をご覧いただけます。

目次はこちら。

続きを読む
メニューを閉じる