九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

チーム医療の核となる形成外科医の育成を目指す

佐賀大学医学部 形成外科 上村 哲司 診療教授(うえむら・てつじ)1987年久留米大学医学部卒業。日本赤十字社医療センター、昭和大学医学部形成外科、佐賀大学医学部附属病院形成外科准教授などを経て、2007年から現職。  整容性維持によるQOLの向上や再生医療への関心が高まっている。しかし、いまだ形成外科医の数は少ない。県内唯一の形成外科医の医育機関である佐賀大学医学部形成外科の上村哲司診療教授に、形成外科医の育成、その資質や魅力、今後の展望を聞いた。 ─形成外科医育成の方向性を教えてください。  形成外科医は、チーム医療の核として、潤滑油のような働きをするジェネラリストでなければならないと考えています。形成外科医である前に外科医としての基本的な知識が必要ですし、他の診療科の医師たちと、うまく連携するコミュニケーション力も大切です。 また、ほかの外科系診療科は、病巣を取り除き再発させないことが治療の目的ですが、形成外科は、患者さんが日常生活を取り戻すために必要な機能を回復させることが目的です。それだけに患者さんに寄り添った医療が必要になります。 患者さんの年齢層は乳児から高齢者まで幅広く、疾患の傾向も人によって違います。そうした中で、一人ひとりに最良の治療を提供するには、患者さんやそのご家族と信頼関係を築くことが大切です。若手医師には、まず社会人としてのマナーやコミュニケーション力をしっかり身に付けるよう厳しく指導しています。 ─医局の特徴は。  県内唯一の形成外科医の医育機関で、佐賀県内の症例のほとんどが集まってくるため、さまざまな疾患を診ることができます。また、関連病院と連携し、大学病院以外の環境でも経験を積んでもらうようにしています。医局にいれば上級医師がフォローをしてくれますが、関連病院などに出れば、自分一人で対応しなければなりません。さまざまな経験を積む中で、社会性と専門医としてのスキルを身に付けてもらっています。 研究分野においては、足病変における歩行や糖尿病に関する神経障害の研究を中心に取り組んでいます。 現在、福岡県久留米市の靴メーカー・アサヒシューズとの産学連携で、糖尿病患者さんの足を守ることを目的とした「メディカルシューズ」の開発に取り組んでおり、2019年の12月にモニタリングを開始しました。五輪開催前後にはプロモーションも行う予定です。2〜3年以内に商品化したいと考えています。 ─形成外科医の魅力、求められる資質は。  多くの学生が疾患の原因や病態の現象などに興味を持って医師を志すと思います。しかし、形成外科では視診や触診など〝五感〟による診察が何よりも重要になります。手術の前にはどのように形づくるか詳細にデザインするため、デザイン力も重要なスキルです。 資質を問うなら、器用不器用は関係なく、物を作ったり、繊細な作業をしたりするのが好きかどうか。「好きこそ物の上手なれ」という言葉のとおり、好きであれば、センスは磨かれるはずです。 このようなアーティスティックな素養を医療に生かせるのは、形成外科医の魅力の一つだと思います。また、あらゆる年齢層をターゲットとし、症例も幅広い。さまざまな臨床経験を重ねながら学べることも魅力だと思います。 形成外科医は、再建外科のために正常な組織(ドナーサイト)を犠牲にして、変形や欠損が生じた部位を作ります。そのドナーサイトにもメスを入れるので、責任は重大です。しかし、それだけにやりがいもあるのではないでしょうか。 今後は低侵襲をキーワードに、形成外科も内視鏡手術やロボットを使った再建手術が広がると思います。AIの利用もあるかもしれません。これからの10年で形成外科は大きく変わっていきます。最新技術を取り入れ、患者さんにとって最良の医療を提供できるように努めていきたいと思っています。 佐賀大学 医学部形成外科佐賀市鍋島5─1─1☎0952─31─6511(代表)http://www.prs.med.saga-u.ac.jp/

Continue Reading

QOL向上に多様な試み 目指すのは「快適な病院」

奈良県立医科大学麻酔科学教室川口 昌彦 教授(かわぐち・まさひこ)1988年奈良県立医科大学医学部卒業。国立循環器病センター(現:国立循環器病研究センター)、大阪脳神経外科病院、米カリフォルニア大学サンディエゴ校などを経て、2012年から現職。  周術期や術後のフォローなど、多様な側面で「長期的なQOLの向上」を見据えたチーム医療を推進する奈良県立医科大学麻酔科学教室。「笑顔」や「幸福」をキーワードにした新しい医療の創造を目指し、さまざまな試みが進行中だ。川口昌彦教授が思い描く医療のあり方を探った。 ―どのようなことに力を入れていますか。  患者さんも病院で働くスタッフも笑顔になれる。そんな快適な病院、快適な職場を目指して、「病院快適環境プロジェクト」を推進しています。  集中治療室の壁に装飾を施してデザイン性を高くしたり、「疑似窓」を設置して外の景色をリアルタイムで映してみたり。五感を刺激するさまざまな試みを展開しています。  11月に「パジャマdeおめかし!写真展」を開催しました。企業の協力を得て、入院・通院中の患者さんたちにおしゃれなパジャマを着用していただき、プロによるメークアップを実施。変身を楽しむ様子をカメラで捉えました。  治療を受けている間はおしゃれを諦めるしかない。そんなイメージの払拭(ふっしょく)につながってほしいと考えて企画したものです。患者さん、職員間のコミュニケーションが活発になったと感じています。 また、患者さんの術後の生活機能に関するコホート研究を進めています。 術後3カ月、1年、5年、10年と長期的に経過を追いかけることで、患者さんによって回復の度合いはどのように異なるのか、術式とはどう関係しているのかなどを調査。およそ4000人のデータを収集して解析します。  この研究で得た成果は、将来的に適切な治療の選択に役立てることができればと考えています。 ─教室の強みを教えてください。  多職種連携によるチーム医療によって、新しい医療の創出を目指しています。 手術麻酔をはじめ、集中治療、ペインクリニック、緩和医療など、麻酔科の役割は多岐にわたります。当教室では、これらをトータルに実践・研修できる体制を目標としています。 もちろん、関連するすべての業務を私たちだけでカバーできるわけではありません。手術の1カ月前の段階で看護師、臨床工学技士、管理栄養士など、多職種による運動や栄養、睡眠、リラクゼーション、禁煙のサポートなど、心身の状態を管理するプレハビリテーションを実施します。 例えば高齢者はせん妄や認知機能障害など、入院するだけで心身の機能が著しく低下してしまうことがあるのです。プレハビリテーションによって手術に臨むためのコンディションを整えると同時に、術後の回復力の引き上げも期待できます。 今後、予防医学の観点から、生活習慣を見直すきっかけなどをもっと提供できればと考えています。患者さんには、手術を「高度な健康診断」と受け止めていただき、生活を変える一歩をお手伝いできたらと思っています。 ―働き方についてはいかがでしょうか。  麻酔科でも多くの女性医師が働いています。出産前後の時期のキャリアの中断や、仕事と育児の両立などをできるだけサポートできるよう「ママ麻酔科医制度」を用意しています。 それぞれの要望に応じて勤務時間を調整しているほか、子どものお迎えや急病の際には、スタッフが互いにカバーしています。 この制度は時短勤務や休みやすさといった面だけでなく、ママ麻酔科医のキャリアアップを支援するためのものでもあります。研究に打ち込んだり、管理職として組織をまとめたり、希望者は当直をしたり。個々が理想とする仕事のやりがい、成長を実感してもらうことも大きな目的。環境整備をさらに進めていきたいと思っています。 奈良県立医科大学麻酔科学教室奈良県橿原市四条町840☎0744─22─3051(代表)http://www.naramed-u.ac.jp/~anes/

Continue Reading

認知症患者を治し 支える医療へ

国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター鷲見 幸彦 病院長(わしみ・ゆきひこ)1987年信州大学医学部大学院卒業。国立長寿医療研究センター臨床研究推進部長、同副院長、日本医療研究開発機構長寿科学・認知症研究開発事業プログラムスーパーバイザーなどを経て、2019年から現職。  認知症疾患の治療や研究に対し、多大な貢献を果たしてきた鷲見幸彦氏。鷲見氏が目指すのは、認知症患者を治す医療から「治し支える」医療だ。神経内科医としての歩みと共に、病院長としての今後の課題について聞いた。 医師としての基礎を培った信州大学時代  「中学時代に人体や生物に関する本を多く読み、高校の頃には医師になりたいと決めていました。人と直接ふれあう仕事をしたかったことも、理由の一つかもしれません」  故郷の名古屋を離れ、信州大学医学部へ進学。2年間の初期研修中は、さまざまな病院で臨床経験を積むこととなる。  「専門は神経内科でしたが、白血病や肺がんの患者さんなど、内科全般に対応。大学に戻ってからは神経難病の患者さんを多く診ることができました。信州大学時代に、神経内科の基礎と研究、内科医としての基礎を築けたと思います」 故郷の名古屋で認知症疾患に挑む  1990年に、希望していた故郷の名古屋大学の神経内科に入局。ちょうど神経内科が第1内科から独立した頃で、若い世代の医師が求められていた。  1994年には名古屋掖済会病院に赴任する。同病院は、1978年に東海地方初の救命救急センターを開設しており、名古屋市南部の救急搬送のほとんどが集まるこの病院で、鷲見氏は多忙な日々を送る。  「患者さんの多くは脳血管障害。神経内科は、神経や筋肉が原因で起こる病気すべてを扱う科ですので、神経内科医として大きく成長することができました。また、若い研修医が多く、彼らと接することで得るものも大きかったですね」  1999年、信州大学時代の恩師が国立長寿医療研究センターの前身である国立療養所中部病院の病院長として赴任したことから、同病院の神経内科医長へ。高齢化社会に向けて、本格的に認知症医療に取り組むこととなる。  2004年に国立療養所中部病院は国立長寿医療センターとなり、2010年に独立行政法人に移行。国立長寿医療研究センターとなって「もの忘れセンター」を開設した。鷲見氏は、もの忘れセンター神経内科部長として、中心的役割を果たしていくこととなった。 もの忘れセンターとなったことで来院者は大幅に増加。2011年には西病棟を改修し、30床の入院部門も開設された。もの忘れセンターの役割は診断、治療だけではない。行政や企業と共に、認知症の人を支える社会的な仕組みづくりを実践している。 理想は元気で長生き  「高齢者は複数の病気を抱えているので、専門的に深く診ると同時に、科を越えて横に広く診ることが必要となります」  長寿医療研究センター全体の理念でもある自立した生活を送り、元気で長生きできる高齢者を増やすことを実現するために、高齢者に多いロコモティブシンドロームやフレイル、サルコペニアの対応として、2017年に「ロコモフレイル外来」を開設。2018年2月には「ロコモフレイルセンター」も発足させた。  さらに眼科、耳鼻咽喉科が連携して総合的に五感を評価して、健康長寿を伸ばす「感覚器外来」の設置、認知症初期集中支援チームや認知症サポート医を育成する「長寿医療サポートセンター」での研修も活発だ。  研究開発に関しても「認知症先進医療開発センター」と協同して、2018年に少量の血液でアルツハイマー病の診断を可能にする研究を発表。もの忘れセンターのデータを使用した認知症研究に貢献した。  「高齢者の心や体に寄り添った研究や治療を、これからも続けていきます」 国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター愛知県大府市森岡町7―430 ☎0562―46―2311(代表)https://www.ncgg.go.jp/

Continue Reading

通いたくなる歯科医院であるために

医療法人LOVE&SMILE 友枝歯科クリニック博多駅前友枝 亮 理事長・総院長(ともえだ・りょう) 2001年福岡県立(現:公立大学法人)九州歯科大学卒業。ひろえ歯科医院などを経て、2013年友枝歯科クリニック平尾開院。2016年医療法人LOVE&SMILE設立、2019年から現職。  5月20日、ビジネスや観光で多くの人が行き交うJR博多駅からわずか徒歩1分のビルに開院した「友枝歯科クリニック博多駅前」。グループに福岡市中央区平尾で2013年にオープンした「友枝歯科クリニック平尾」がある。都市部での展開を重視するその真意は。 ―博多駅エリアでの開院について。  異業種交流会などで、私の名刺の肩書きを見ると、何人かの顔が曇るんです。なぜかと聞いてみると歯医者は「痛い、怖い」というイメージがあるからと。さらに話を聞くと「定期健診に行かないといけないのですが、行けなくてすみません」と、なぜか謝られてしまいます。その中で分かってきたのが、歯医者が「行きにくい場所」であること。定期健診をすれば、自分の歯を生涯保てる可能性が高まることは誰もが知っています。でも実際に定期健診に通っている数は、かなり低いと言われています。 そこで、まず考えたのが「五感に訴える癒やしとおもてなし」。まったく歯科医院とは思えない空間をさまざまな形でつくり上げるようにしました。もちろん接客も重要です。毎週、専門家を招いての勉強会も行っています。 最初に開院した福岡市中央区平尾は歯科医院激選区。健康への意識が非常に高いエリアです。最初は苦戦しましたが、自分が望んでいた健康と美容を併せた治療が浸透し、今では予約が満杯になるほどになりました。 そして次のチャレンジとなるのが、この「友枝歯科クリニック博多駅前」です。地域に求められているクリニックをつくるというこれまでの方針にのっとり、ここではビジネスマンやJRなどを利用して来院される遠方の方に望まれるクリニックであることを目指しています。 ―治療において力を入れていることは。  「虫歯などが痛いときに行く」という歯科治療から、近年は「歯周病のケアや予防に通う」へと変化しています。私たちは、さらに「歯の健康だけでなく、美や全身の健康、長寿のために通う」ことまでを提案しています。 「歯医者に行くのはおっくうだけれども、歯の美しさを維持することには興味がある」という方は少なくありません。そこを入口にして「この歯医者さんに定期健診もお願いしたい」となればと考えています。 虫歯や歯周病を治していく一般的な治療のみならず、当院では非常に痛みが少ないホワイトニングや生体親和性の高いセラミックを使って美しく治していくことなどを得意としています。最短1日で、その場でセラミックを入れて帰る治療をはじめ、新しく、かつ有効なものをできるだけ取り入れるようにしています。 ―今後の歯科治療のあり方について。  治療においては、カウンセリングの時間を大切にしています。患者さんの今の歯の状態が、なぜそうなっているのか、将来的にはどうなるのか。「そのために今、こういう治療が理想的で、相談して決めていきましょう」と案内をしています。 人生100年と言われている中で、この歯をいつまで残せるのかを予測しながら、患者さんにとって必要な治療を提案します。患者さん自身は何とも思っていなくても、放置しておくと歯がいずれ全滅してしまうという場合もあるのです。保険適用内外の治療ともに検討し、きちんと説明をして、最も良い治療を提示できればと考えています。 また博多駅前の開院に続いて、10月からはスタディグループをつくり、オンラインで日本各地の先生に私の考えている医療モデルを発信できればと思っています。日本中のクリニックの質が向上することで、患者さんも幸せにしていくことができたらいいですね。 医療法人 LOVE&SMILE 友枝歯科クリニック博多駅前福岡市博多区博多駅中央街7―8 博多駅中央駐車場ビル1階☎092─710─4698(代表)https://www.tdc-hakata.com/

Continue Reading

五感をフルに活用して神経変性疾患に立ち向かう

産業医科大学医学部神経内科学足立 弘明 教授(あだち・ひろあき)1991年名古屋大学医学部卒業。同大学院医学系研究科COE特任講師、同COE特任准教授、同難治性神経疾患治療学寄附講座准教授などを経て、2014年から現職。  高齢化を背景に社会的な関心が高まるアルツハイマー型認知症や脳血管障害への対策。これらの疾患と向き合い、戦い続けるドクターが感じる現状とは。また、専門性を高めるにはどのような資質が求められるのだろうか。産業医科大学の神経内科学を率いる足立弘明教授に話を聞いた。 ―今、感じていることは。  産医科大学病院の医療圏は、北九州市の西部エリア全体が対象です。多くの地方都市に共通していることだと思いますが、北九州市でも人口の減少や高齢化が進んでおり、若い人の流出が止まらないという現状があります。 「医師の数」という側面でも厳しい状況を迎えています。高齢の患者さんの増加に対して、診療するドクターが十分にそろっているとは言い難いのです。大学病院が派遣できる人員も、かつてと比較すると半数になりました。 患者さんを診療するにはマンパワー不足。新専門医制度では大都市圏への集中を抑える試みがなされていますが、そのぶん地方へ医師が来るわけではありません。最初の診断は当脳神経内科が担当し、その後の治療は専門ではない先生にフォローしていただく。そのような連携で対応しているケースもあります。 ―この領域において求められる資質は。  「神経を診察する」というのが私たちの役割です。MRIやCTといった医療機器を駆使するわけですが、それだけに頼ることはしません。患者さんとの直接の対話を重視して「自分の耳で聞いたこと」と「実際に自分の目で診たこと」を総合的に判断していくことが大切です。 例えば、私たちは検査でハンマーなどの道具を使うことがあります。教科書で得た知識だけでなく、自らの五感を用いて診察することが欠かせないのです。まずは、このようなアプローチの医療に関心を持つことができるかどうか。この領域の医師に求められる一つの条件とも言えるでしょう。 そして、「神経に関連する領域は難しいのではないか」というイメージを抱く人は少なくないと思います。そうした先入観に左右されないことも肝要だと考えています。最近はAIによる診断も注目されています。もちろん、AIの判断がすべて正しいわけではないでしょう。現時点では、効率化などにうまく活用できればというスタンスです。 ―現在の研究は。  私は神経変性疾患の病態解明の研究に長く取り組んできました。神経変性疾患には、家族には遺伝しない孤発性のものと、遺伝性のものがあります。遺伝性の神経変性疾患については原因遺伝子を解析することで、将来的な治療法の確立が期待できます。 孤発性の疾患が発症するメカニズムは、いまだ全容は解明されていません。その代表的な疾患がアルツハイマー型認知症です。主な原因として、アミロイドβという物質が脳に蓄積されることによって引き起こされるとされています。 世界中でアミロイドβの蓄積の抑制を目指した研究が進行しています。さまざまな薬剤を用いた臨床試験も実施されてきましたが、現在、アルツハイマー型認知症の進行そのものを完全に止めることはできていません。 神経変性疾患に共通する現象があります。タンパク質が固まりやすくなって蓄積し、それに長期間さらされた神経細胞が死んでいくのです。症状が進行する過程で起こっていることは分かっていますが、なぜそれが始まるのか、根本的な部分に関してはまだ解明できていません。産業医科大学の神経内科学から、インパクトのある研究成果を発信できればと考えています。そして若手のドクターがもっと神経変性疾患に関心を持ってもらえるよう努めたいですね。 産業医科大学医学部神経内科学福岡県北九州市八幡西区医生ケ丘1─1☎093─603─1611(代表)http://uoeh-neurology.org/

Continue Reading
Close Menu