【54人が参加】《福岡県地域精神保健協議会》電話相談実務者研修会開催

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

etc4-1-1.jpg

 福岡県地域精神保健協議会(松田峻一良会長)は11月28日、「電話相談実務者研修会」を福岡県春日市の県精神保健福祉センターで開いた。県や市町村、病院で電話相談などに携わる相談員、保健師、精神保健福祉士、社会福祉士など54人が参加した。

 九州情報大学の林幹男副学長が「電話相談の実務〜相談員の手応えにみる課題と工夫」と題して講演。電話相談員に求められる役割をまっとうするための課題として①担当者を担う覚悟②利用者(相談者)から相談員への依存・攻撃などの本意の理解とアプローチ③限界設定④相談員のストレスケアとメンタルヘルスなどを挙げ、説明した。

 その後は、参加者全員を8班に分けて、「自殺願望のある相談者」、「繰り返しの長電話や常連の相談者」、「性的なことを聴いてくる相談者」、「罵倒・怒り・興奮を伴う脅迫的な相談者」などへの対応について各グループで協議した。

 終了後52人から集まったアンケートでは86.5%に当たる45人が「大変良かった・良かった」と回答。自由記載では「グループワークのアプローチが丁寧でディスカッションしやすかった」「他の機関の方と情報共有し、困難な電話への対応をきくことができて良かった」「自分の悩みやみなさんの悩みをきいて話をすることで、自分自身の業務の難しさ、やりがいを感じた」などの意見があった。(情報提供:福岡県地域精神保健協議会)


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

九州医事新報社ブログ

読者アンケートにご協力ください

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

暮らし継がれる家|三井ホーム

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【2018年12月の1冊】
イメージ:今月の1冊 - 86.いちばん大切なのに誰も教えてくれない段取りの教科書
いちばん大切なのに誰も教えてくれない段取りの教科書

Twitter


ページ上部へ戻る