今月の1冊 - 85.看護師のための明治文学 漱石の時代の介抱・看病・看護

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

book.jpg

米沢 慧
日本医療企画140頁1500円+税

 平成最後の10月がもうすぐ終わる。平成最後の春が過ぎたら、新しい時代がやってくる。そしていつか、平成も「昔」と呼ばれるようになるのだろう。

 2018年は、実は「明治150年」。各地で先人たちの業績を伝える記念事業などが行われている。

 ポンぺが来日して本格的な西洋医学教育が始まり、1861年、初めての西洋式病院が長崎で開院。その後の明治維新で、日本の医学は漢方から西洋医学に明確な転換を決めた。

 それから150年ほどで、医療の世界にはロボットやAI、遺伝子といった言葉が当たり前に飛び交うようになった。寿命は延び続け、「人生100年」とも言われるまでになった。

 明治時代の平均寿命は男女とも50歳に満たなかった。医療技術は比ぶべくもない。が、今だからこそ振り返るべき「メッセージ」がたくさん残されている。本書「看護師のための明治文学」は、明治時代の文豪の作品に登場する「介抱・看病・看護」に関連する文章を厳選。未来の看護のあり方に生かそうと試みている。

 胃潰瘍で入院した夏目漱石は、医師や看護師の好意を「余はそのまま長く余の心臓の真ん中に保存したい」ほど尊いと感じたと記した。

 石川啄木は、看護師に抱いた淡い気持ちを「いつもいつも冷たき手よと脈をとる看護婦の手を今朝も見つめし」と歌にした。

 正岡子規は、よい看護には「病苦などは殆ど忘れてしまふ」力があると述べた。

 病人が何を感じ、何を欲しているか。100年前も100年後も、看護の本質は変わらないはずだ。(瀬川)


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

読者アンケートにご協力ください

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

暮らし継がれる家|三井ホーム

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【2018年10月の1冊】
イメージ:今月の1冊 - 85.看護師のための明治文学 漱石の時代の介抱・看病・看護
看護師のための明治文学 漱石の時代の介抱・看病・看護

Twitter


ページ上部へ戻る