微量の血液でアルツハイマー判定【国立長寿研と島津製作所】

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

 国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)と島津製作所(京都市)はこのほど、アルツハイマー病の原因となる物質の脳内蓄積を、少量の血液を使って調べる方法を確立した。アルツハイマー病の診断やリスク保有者の抽出などへの活用が期待される。

 原因物質であるタンパク質「アミロイドβ」は、アルツハイマー病の諸症状で日常生活に影響が出る20年〜30年前に脳内にたまりはじめ、脳細胞を死滅させると考えられている。

 蓄積を調べるための従来の方法は、PETまたは脳せき髄液による検査。ただ、PET検査には50万円ほどの費用がかかり、脳せき髄液を採取するには腰椎穿(せん)刺による侵襲があるため、どちらも普及が進んでいなかった。

 今回確立された方法では0.5mlほどの血液を採取。磁気ビーズを使った免疫沈降でアミロイドを分離させて回収し、血液内のアミロイドの種類や量を詳細に測定することで、脳内に蓄積されているかどうかがわかるという。

 オーストラリアのアルツハイマー病コホート研究組織「AIBL」とともにこの検査法の検証を進めたところ、PET検査とほぼ同じ高い精度で判定できることがわかった。

 今後は、脳内蓄積がある人を発症前に発見し、治験者となってもらうことで治療薬の開発につなげたり、患者の早期発見に活用したりする方針。同センターの柳澤勝彦研究所長は「アルツハイマー病は世界的な課題。その解決に研究が貢献できれば大変うれしい」と語った。


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

楽採で医師の採用を「楽」に!

博多水引×九州医事新報

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【2018年4月の1冊】
イメージ:今月の1冊 - 79.A Child Is Born 赤ちゃんの誕生
A Child Is Born 赤ちゃんの誕生

Twitter


ページ上部へ戻る