【福岡県医師会 注意喚起】HIV感染者・エイズ患者急増 2007年の2.6倍

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

 福岡県医師会は9月20日、定例記者会見を同医師会館で開き、新規エイズ患者が急増しているとして注意を呼びかけた。

 国の感染症発症動向調査によると、2016年、福岡県内で確認された新規HIV感染者とエイズ患者はそれぞれ46人で、計92人。2007年の計36人(HIV感染者25人、エイズ患者11人)の2.6倍にも増え、特にエイズ患者の伸びが大きかったという。

 年齢別内訳を見ると、感染者は20代が最も多く16人。患者は50歳以上が最も多く17人。

 感染者と患者の数は2016年末までの累計で788人。感染原因別内訳は、同性間性的接触(両性間性的接触を含む)が485人(61.5%)と最多で、国籍・性別内訳は日本人男性が733人で93.0%を占めた。

 同医師会担当理事は「全国的には横ばい傾向にもかかわらず、県内は増加傾向。エイズ患者数を見ると、実際のHIV感染者数は報告よりもさらに多いと推測できる」と話した。

 県内保健所でのHIV抗体検査件数は、2008年の7753件をピークに減少傾向で、2016年は5361件。


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

楽採で医師の採用を「楽」に!

博多水引×九州医事新報

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【草水 敏[原作] 恵 三朗[漫画]】
イメージ:今月の1冊 - 73.フラジャイル 病理医岸京一郎の所見
フラジャイル 病理医岸京一郎の所見

Twitter


ページ上部へ戻る