鳥取大学 浦上教授開発|認知症予防向け商品

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

浦上式アロマオイル

k3-2-1.jpg

アロマオイル(昼用・夜用)と専用ディフューザー

 認知症予防に、アロマセラピーの考え方を取り入れた商品。

 アルツハイマー病は、神経変性疾患だが、その特徴は、障害の順番がシステマチックであること。まず始めに、嗅神経の障害が起こり、その後、障害は海馬にいたるという。つまり、嗅神経の障害の段階で予防をすることで、海馬への障害を遅らせるというものだ。

 このため、鳥取大学の浦上克哉教授は、弱っている嗅神経を刺激するアロマオイルを開発、商品化した。

 昼は弱った嗅神経細胞をローズマリーなどの香りで活性化、夜はラベンダーなどで嗅神経細胞を癒やす。ディフューザーなどで、最低2時間程度使用し、香りを嗅ぐことで、その効果が期待できる。

・昼用アロマオイル( 10ml)1本3078円(税込)
・夜用アロマオイル( 10ml)1本3078円(税込)
専用ディフューザーなど付属品も販売。購入は公式ショッピングサイト(http://urakamistyle.jp/)へ。

トリゴネコーヒー

k3-2-2.jpg

トリゴネコーヒー

 コーヒー豆に含まれるトリゴネリンという成分は、脳の神経細胞の樹状突起の形成を促進することが明らかになった。脳の神経細胞が死んで数が減っても、残った神経細胞を活性化することで、認知症予防につながるという。

 富山医科薬科大学の服部征雄教授が、マウスによる実験で、トリゴネリンの効果について報告した。しかし、トリゴネリンは熱に弱くコーヒーの入れ方によって成分量が変わる。

 澤井珈琲(鳥取県境港市)と共同開発したこの商品は、ティーバッグタイプで、手軽にトリゴネリンを取り込むことができるよう工夫されている。

 認知症の原因となるアミロイドβタンパクは20年から30年かけてたまる。たまり始めは40代と考えられるため、予防も40代から始めるのが理想だという。

・トリゴネコーヒー30袋入り3240円(税込)
購入は澤井珈琲ショッピングサイト(http://www.sawaicoffee.co.jp/goods/torigone.html)へ。


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

博多水引×九州医事新報

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

暮らし継がれる家|三井ホーム

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【2018年6月の1冊】
イメージ:今月の1冊 - 81.オシムの言葉 増補改訂版
オシムの言葉 増補改訂版

Twitter


ページ上部へ戻る