夏休み前からの採用強化が常勤医確保のカギ

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

k11-1-1.jpg

青木大一郎取締役副社長

 新入職員も職場に少しずつ慣れ、ほっとひと息の時期。でも、来年度の医師採用に向けて、そろそろ、動き出したほうがいいかもしれません。

 今回は、医師採用支援サービス「楽採」を運営するMHAの青木大一郎・取締役副社長と松田理子・取締役に、求人掲載や採用のコツ、「楽採」を有効に活用する方法などを聞きました。

Q.医師募集に適した時期、というのはありますか?

A.基本的には、「募集があるならば、通年、求人を掲載しておくほうがよい」と思います。エージェントに「この病院には求人がある」と印象付けることができ、紹介につながる可能性が高まるからです。

 4月入職の常勤医師確保のため、ということであれば、夏休み前の6月ごろから12月にかけて、特に採用活動を強化するのがおすすめです。

 1月〜5月は、週3日勤務などの準常勤や非常勤の採用に適した時期。常勤の求人掲載は継続しながら、非常勤などの採用によって、今いる医師が疲弊しないような医師体制を整えることが有効かと思います。

k11-1-2.jpg

松田理子取締役

Q.常勤、非常勤、スポット(単発アルバイト)の使い分けはどのようにしたらいいでしょうか。

A.「楽採」では、常勤医師の求人に加えて、勤務日数が少ない求人も別途掲載している施設もあります。常勤医師の採用は、難易度が高くなるため、まずは非常勤や準常勤での採用を目指して募集をかける、という方法です。

 常勤や準常勤で採用しても、何年か後、お互いの意向が合えば、常勤に移行するケースもあります。

 スポットの活用方法はさまざまです。定期非常勤の募集をかけていてもなかなか採用が進まない場合には、それと並行してスポットで募集をする施設、年末年始やゴールデンウイークなど、休暇を取る常勤医師が多くなる時期に、スポット募集をする施設などがあります。

Q.人材紹介を使ったことがありません。効果的な活用方法は?

A.まずは、採用候補の医師を増やすために、人材紹介を利用してみてください。紹介会社のほとんどは完全成功報酬型で、採用が決まった場合に、支払いが発生するシステムですから、デメリットは少ないと思います。

 紹介された医師を採用するかどうかは、それぞれの医療機関の判断。良い医師に出会えた場合のみ採用する、という方法でも問題ありません。

 エージェントに、求める医師像を正確に伝えておくことで、就任後のギャップを少なくすることができます。

Q.「合う人材」を採用するために、医療機関側が事前に準備しておくべきことは何でしょう。

A.①どんな医師がほしいのか(スキル、年齢、人柄など)を明確にしておく。限定する必要はありませんが、ある程度、理想像を作っておくといいと思います。

 ②条件面で一定の基準を決めておく。勤続年数や仕事内容による上限、下限を設定するといいと思います。

 さらに、①、②の内容を採用担当者レベルで回答できるよう、情報を共有し、できれば求人票に明記することが大事です。

 仕事内容や勤務条件、給与など、なんでも「応相談」としている医療機関がありますが、エージェントや紹介会社側からすると提案しにくく、転職先を探している医師からすると、検討しにくい。せっかく求人を出していても、採用につながりにくくなってしまいます。「応相談」は、限定的に使う方が良いでしょう。

Q.患者さんに知られないように医師を募集したいと思っています。可能ですか。

A.紹介会社のみにアプローチするツール、サービスとして「楽採」を利用することができます。

 楽採に登録した求人情報は、提携している紹介会社・エージェントが閲覧し、求職中の医師に提案します。一般の人も見ることができる紹介会社の求人広告などには施設名を開示・公表しない設定が可能です。

MHA福岡オフィス
福岡県福岡市中央区春吉1-7-11-6F
https://mha-rakusai.com/lp/corporate.html

k11-1-3.jpg

新機能【医師採用サイト制作】
楽採利用開始時に登録した施設情報、求人情報を活用して、医師採用サイトを開設する機能。ロゴマークや理事長、院長のメッセージ、写真なども追加可能。サイトを通じて施設の魅力を一層PRできる。

k11-1-4.jpg

紹介会社やエージェントが閲覧する求人ページ(見本)

 「楽採」は医師を採用したい医療機関と日本全国の紹介会社・エージェントをつなぐ医師採用支援サービス。

 医療機関が申し込みをすると、楽採事務局が医療機関の希望をヒアリングして求人票を制作。楽採に登録している全国の紹介会社110社以上、エージェント350人以上が閲覧し、適任だと思う医師を紹介してくれる。

 さらに、その医療機関の採用特設サイトも無料で制作。

 1カ月契約で月額3万円。半年だと16万2000円(月額換算2万7000円)、1年は28万8000円(同2万4000円)。詳しくは、問い合わせを。

■九州医事新報社(楽採販売代理店) TEL:092-432-0001 rakusai@k-ijishinpo.jp


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

楽採で医師の採用を「楽」に!

博多水引×九州医事新報

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

暮らし継がれる家|三井ホーム

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【2018年5月の1冊】
イメージ:今月の1冊 - 80.勝手に!文庫解説
勝手に!文庫解説

Twitter


ページ上部へ戻る