医療法人 薫陽会 くろつち整形外科クリニック/くろつち福岡春日リハビリテーションクリニック 山下 信哉 理事長

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

接遇の姿勢を全国へ

【やました・のぶや】 1984 福岡大学医学部卒業 同整形外科教室入局 1990 福岡大学解剖学助手(助教) 1996 同講師 2002 豊前市久路土(くろつち)にくろつち整形外科クリニックを開業 2005 豊前市赤熊に移転 2016 春日市にくろつち福岡春日リハビリテーションクリニックを開業

 医療法人薫陽会「くろつち整形外科クリニック」(福岡県豊前市)は2002年に開業。

 昨年8月には福岡県春日市に「くろつち福岡春日リハビリテーションクリニック」を開院した。山下信哉理事長に今後の展望を聞いた。

k8-1-1.jpg

◎昨年、新クリニックを開院

 くろつち整形外科クリニックは2002年の開院から現在まで一貫して患者さん、地域、そして職員に愛される診療所であることをコンセプトに掲げています。

 昨年開業したくろつち福岡春日リハビリテーションクリニックでも、そのコンセプトは堅持していくつもりです。

 くろつち福岡春日リハビリテーションクリニックには常勤で整形外科専門医が4人在籍しています。そのほかの内科、リウマチ科、神経内科などにも、それぞれ専門医がいて、頭の先から足の先までの診療が可能です。

 新クリニックは1・5テスラМRI、X線骨密度測定装置、超音波装置など最先端の機械をそろえていますし、建物の面積はくろつち整形外科クリニックの3倍の2100㎡です。

◎五感に訴える病院づくりを

 くろつち福岡春日リハビリテーションクリニックの病院デザインは青森県の奥入瀬(おいらせ)渓流をモデルにしています。外来には奥入瀬渓流の絵や写真を飾っていますし、リハビリ室には岩場を造っています。

 院内では五感に訴えるものすべてに工夫をしています。音楽とアンチエイジングは密接な関係があります。特にクラシックとジャズには老化を防止する力があると言われています。モーツァルトのピアノ協奏曲など、クラシックを流すことが多いですね。

 院内のほとんどの部屋でアロマを使い、花の香りで患者さんをお迎えしています。

◎接遇能力向上のために

 当法人では顧客満足度を極限まで追求しています。満足度を構成する要素に「5つのS」があります。それは「整理、整頓、清掃、清潔、接遇」です。私たちはそのなかでも特に接遇に力を入れています。

 接遇能力向上のために、くろつち整形外科クリニックでは東京ディズニーランド(千葉県浦安市)に4回、ザ・リッツ・カールトン大阪(大阪市)にも20回余り、接遇の研修に行っています。また大分県の湯布院にある一流旅館「山荘無量塔(むらた)」でも数え切れないほどの研修をしました。

 くろつち福岡春日リハビリテーションクリニックでは、開業の4カ月前から理学療法士にスキルアップ研修をして、開業後も毎日継続しています。

 私たちはホテルのようなお出迎えと一流旅館のようなおもてなしを目指し、実践している自負があります。その文化を、福岡都市圏へ、そしていずれは全国へと広めていき、医療界のお手本になっていけたらと考えています。

 職員はみなさん「サービス接遇検定」の2級以上を取得していて、もちろん私も取得しています。

 職員の笑顔とあいさつは重要です。ただ接遇力は、訓練で身につけることができます。ところが内からにじみ出てくる品格を高めることは一朝一夕にはできません。私は品格を高めて気品あふれるクリニックにしていきたいと考えています。そのために今後も積極的に接遇研修に取り組んでいくつもりです。

◎研修制度が充実

 当法人の理学療法士20人余は、それぞれ50〜100の資格を保有しています。なぜ、それほどまでのスキルを有しているかというと、一人ひとりに大学教授なみの研修費を計上しているからです。

 骨粗しょう症にも力を入れていて、法人内の看護職全員に学会認定の「骨粗鬆(しょう)症マネージャー」を取得させるつもりです。

 リウマチ科には、リウマチ学会認定医・指導医・評議員の医師が2人在籍しています。評議員が2人もいるクリニックは珍しいと思いますので、患者さんは安心して治療が受けられると思います。

 リハビリテーション科にはリハビリテーション科専門医が在籍しています。ほとんどのリハビリテーション科専門医は病院の回復期病棟にいます。クリニックにいるというのは、とてもまれだと思いますね。

◎健康教室を開催

 くろつち整形外科クリニックでは、この10年、健康教室、介護予防教室、介護教室に力を入れています。またスポーツ教室を開いて高校や大学の運動部、クラブチーム、リトルリーグなどで正しいマッサージやクールダウン、準備運動の仕方などを指導しています。

 またロコモティブシンドローム、フレイル(加齢に伴う心身の活力低下)、骨粗しょう症、高血圧などの予防や、不眠教室など、さまざまな健康教室を毎週開催しています。

 毎週のように開いているクリニックは少ないと思います。

◎正道・王道を歩む

 当法人はコンプライアンスを重視し「正道・王道」を歩むことを心がけています。そのために職員には「効率を考えるのは最後にしなさい」と言っています。

 医療で効率を最初に考えてしまうと、誤った方向に進んでしまいます。最初に「安心・安全」、2番目に「満足度」、3番目に「仕事」、最後が「効率」なんです。

 小さなことにも手を抜かず、細部にこだわり、変化・改善を怠らず、立ち止まらない。常に反省し、謙虚で素直に、それが私たちのモットーです。

医療法人 薫陽会 くろつち福岡春日リハビリテーションクリニック
福岡県春日市星見ケ丘2-55-20
TEL:092-596-4976
http://www.kurotsuchi-reha.com/


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

博多水引×九州医事新報

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

暮らし継がれる家|三井ホーム

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【2018年9月の1冊】
イメージ:今月の1冊 - 84.サザンオールスターズ 1978-1985
サザンオールスターズ 1978-1985

Twitter


ページ上部へ戻る