岡山県看護協会 会長 宮田 明美

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

c4-4-1.jpg

 皆さま、明けましておめでとうございます。

 昨年は熊本大地震に始まり東日本大震災の余震など地震が多く発生し、南海トラフ巨大地震への懸念が募る中、平時からの備えの重要性を再認識致しました。被災された方々には心からお見舞い申し上げます。

 一方、リオオリンピック・パラリンピックでは日本選手の活躍で多くの金メダルを獲得し、日本中が歓喜と感動に包まれました。また、日本人として3年連続受賞となる大隅良典栄誉教授のノーベル生理学・医学賞受賞など明るいニュースも多く、昨年を表す漢字一文字には『金』が選ばれました。今年も『金』のように明るく輝かしい年となることを願ってやみません。

 さて、日本は超少子高齢・人口減少社会の持続可能な社会保障制度に向けた改革が押し進められているところですが、成熟社会の先例となるようポジティブ志向で臨みたいものです。

 岡山県看護協会は、公益社団法人として再スタートしてから昨年は5年目の節目の年でした。医療・介護の大転換期の看護協会としてのあるべき姿について、日本看護協会が発表した看護の将来ビジョン"いのち・くらし・尊厳を護り支える看護"を念頭に、人材育成のための生涯教育プログラムの枠組みや組織体制の見直しなどについて、中・長期的観点から検討して参りました。今後、その結果を踏まえ事業展開して参ります。

 昨年は地域包括ケア推進室を設置し、病院と在宅の看看連携、多職種連携と協働、新卒訪問看護師育成などに取り組み、成果を上げつつあります。また、ナースセンターの機能を強化し、出張就業相談や看護技術講習、訪問看護師養成講習などの充実を図り、地域包括ケアの核となる人材の確保・定着に努めて参りました。

 今年も昨年を踏襲して『地域包括ケアシステム構築の推進』を最重点事項とし、看護職交流事業、新卒訪問看護師育成事業、子育て世代包括ケアシステムにおける看護機能の強化に取り組み、さらなる成果を目指したいと思います。

 今年の干支は酉で、ニワトリは新年の朝一番に鳴くことから縁起が良いとされています。一番にということは"先駆けて"ということです。今年は、公益社団法人として、県民の皆さまのニーズに対応できるよう何事にも前向きに"先駆けて"取り組んで参りたいと思います。

 皆さまのご理解とご支援を頂きますようお願い申し上げますと共に、大空を舞う鳥のように飛躍の年となりますよう祈念し新年のごあいさつとさせていただきます。


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

博多水引×九州医事新報

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

暮らし継がれる家|三井ホーム

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【2018年9月の1冊】
イメージ:今月の1冊 - 84.サザンオールスターズ 1978-1985
サザンオールスターズ 1978-1985

Twitter


ページ上部へ戻る