【女性医師特集】さまざまな年代の女性医師のキャリア形成について/大阪府立母子保健総合医療センター 木内 恵子 病院長

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

その時々の状況に合わせて仕事を続けてほしい

【きのうち・けいこ】1951年兵庫県生まれ。大阪府立北野高校を経て、1976年大阪大学医学部医学科卒業。大阪大学医学部附属病院で外科、麻酔科を研修。1977年、米国ロサンゼルス小児病院に麻酔科レジデントとして留学。1978年に帰国後、結婚、出産(1男1女)。その間も休職期間なし。1989年、米国スローン・ケタリング癌センターにて研究員、1992年より大阪府立母子保健総合医療センターに勤務、2016年4月より現職/長男、長女は、ともに医師

c2-1-6.jpg

①医師を志望した理由は

 専門職であることから男女の差が出にくい職業と考えたため。

②現在の勤務形態は

 常勤、週休2日制・勤務時間は週38・75時間+自己裁量による残業(残業手当なし)。

③出産を経て復職の際にはどのような支援策が必要でしょうか

 勤務先での短時間勤務や、当直の免除などを常勤医として受けられること。地域全体としては保育所や時間外保育、病児保育などの充実が必要。

④女性医師が離職を考えるのはどのような状況でしょう

 仕事と育児などの両立が難しくなったとき。本人や家族の病気、介護など。さらに、職場との関係がこじれた時など。

⑤これからの女性医師に望むこと

 過度の頑張りは長続きしないので、その時の状況に合わせて、細々でもいいので仕事を続けてほしい。臨床だけでなく、学会発表、論文発表、研究などにも意欲を出してほしい。


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

楽採で医師の採用を「楽」に!

博多水引×九州医事新報

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【2017年6月の1冊】
イメージ:今月の1冊 - 69.あなたが認知症になったから。あなたが認知症にならなかったら。
越智須美子・越智俊二[著]

Twitter


ページ上部へ戻る