倉敷地区に女性医師支援組織発足

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

出産、育児など離職の危機に直面する女性医師をサポートしたい

c5-1-1.jpg

森谷 卓也
川崎医科大学附属病院
病院病理部 部長

 今年、倉敷地区で女性医師を支援する組織を立ち上げ、6月に1回目の総会を開催しました。支援組織には当院のほかに倉敷中央病院と倉敷成人病センターが参加し、総会には勤務医や研修医を中心に30人以上が参加しました。

 現在、川崎医科大学に在籍する学生の約40%が女性であり、今後は女性医師が担う役割が増加しますので、今のうちから女性のキャリア継続支援をする必要があると考えました。具体的には、さまざまなキャリアを持つ女性医師の体験談を聞く機会を「メディカル・カフェ」のような形で企画します。

 結婚、出産、育児などのライフイベントと医師としてキャリアを積む時期が重なっていることが女性の主な離職原因ですが、女性たちのいわゆる「出世意欲」の薄さもキャリアへのこだわりを弱くしている可能性があります。

 いまだ男性社会である現状が女性たちのキャリア形成意欲を削いでいることは間違いありませんが、女性たちが目標とするような存在も必要だと思います。

 川崎医科大学は、今年度から女性教授が3人になりました。こうしたロールモデルが若い女性医師たちの目標になるといいですね。


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

博多水引×九州医事新報

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【2017年4月の1冊】
イメージ:今月の1冊 - 67.メディカルスタッフから教職員まで アレルギーのはなし 予防・治療・自己管理
秋山一男 大田 健 近藤直実 編

Twitter


ページ上部へ戻る