高精度放射線治療装置を一般公開

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

九州がんセンターで健康フェスタを開催

k1-2-1.jpg

 九州がんセンター(福岡市南区)は10月29日、「健康フェスタ16~のぞいてみようがんセンター~」を開催した。「心理的な距離感を縮め、行きやすく、相談しやすい病院にしたい」との思いで昨年から開催され、今回で2回目。

 子どもを対象に白衣を来て行う写真撮影コーナーや骨密度測定、血管年齢測定、医療ミニ講座などを実施。敷地内の広場では消防車や警察車両を展示した。来場者は約800人。

k1-2-2.jpg

 高精度放射線治療センターでは2014年、九州で初めて導入した高精度放射線治療装置「トゥルービーム」を公開。見学者は放射線を照射しない状態で寝台に横になりながら機械の説明を受けた。

 見学者からは「全身に適用が可能なのか」「がんの、どのステージにも有効なのか」など多くの質問が飛び交い、職員が「全身に適用できます」「ステージが進んでいる場合は、抗がん剤との併用が必要」などと、丁寧に答えていた。

 がんセンターの近所に住むという60代の男性は「一見放射線が当たっていないようにみえる背中側にも効果があると聞き驚いた」と見学の感想を語った。


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

楽採で医師の採用を「楽」に!

博多水引×九州医事新報

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【草水 敏[原作] 恵 三朗[漫画]】
イメージ:今月の1冊 - 73.フラジャイル 病理医岸京一郎の所見
フラジャイル 病理医岸京一郎の所見

Twitter


ページ上部へ戻る