福岡県歯科保険医協会定期総会 市民公開講座

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

平和とは「歩みをとめない」こと | コスタリカに学ぶ、平和の作り方

k9-2-1.jpg

 福岡県歯科保険医協会総会がこのほど、セントラルホテルフクオカ(福岡市)で開かれた。同時開催の市民公開講座では、福岡市出身でコスタリカ研究者の足立力也さんが「丸腰国家―コスタリカに学ぶ平和の作り方」と題して講演した。

 同国憲法の最大の特長である「常備軍の不保持」について、足立さんは「直接的には内戦による厭戦感が軍備の忌避につながったが、米国との政治的駆け引きや貧しさゆえの連帯の必要性など、複雑に絡みあう諸課題を解決する手段でもあった」と解説。さらに、同国に深く浸透する民主主義教育が平和維持の根幹にあるとし、「平和を実現するには、民主主義と人権、環境問題を不可分にとらえ、歩みを止めないことが必要」と結んだ。

 講演後、司会を務めた全国保険医団体連合会・新聞部長の杉山正隆理事が「(平和を作るために)歯科医としてそれぞれの現場で何ができるのか、考えていきましょう」と述べると、会場から拍手がわき起こった。


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

楽採で医師の採用を「楽」に!

博多水引×九州医事新報

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【草水 敏[原作] 恵 三朗[漫画]】
イメージ:今月の1冊 - 73.フラジャイル 病理医岸京一郎の所見
フラジャイル 病理医岸京一郎の所見

Twitter


ページ上部へ戻る