食べて さわって 親子で学ぼう。乳がんのこと。

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

「人と人との思いを結ぶ」

k16-2-1.jpg

真剣な表情で〝しこり〞を探す参加者たち

 医療体験と病気の予防・早期発見啓発の複合イベント「親子で学ぼう。乳がんのこと」が5月29日、福岡市の黒木クリニックと隣接の養生カフェことほぎで開かれ、小学生の子どもと保護者など25人が参加した。

 クリニックでは、黒木祥司院長、岩崎千紗・放射線技師、山下真里子・乳がん看護認定看護師の案内で見学や体験。

 参加者は、マンモグラフィーの機器の前で検査や放射線技師の仕事について話を聞いたり、模型を使って乳房の中にあるしこりを探したりと、乳がんやその発見、診断、治療について学んだ。

k16-2-2.jpg

「おいしい!」。乳がんを予防する食事の彩りの良さと味に、笑顔が広がった

 さらに、乳がんを予防する食事について、ことほぎ店長の黒木美紗さんの説明を聞いた後、実食。子どもたちは「乳がんのしこりが固くてびっくりした」「放射線技師の仕事がわかっておもしろかった」と笑顔。保護者たちは「検診の大切さがわかった」「医療職を目指す子どもにとっていい経験になったと思う」などと話していた。

 主催は一般社団法人メディワーククリエイト。共催は黒木がん研究所養生カフェことほぎ。


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

九州医事新報社ブログ

読者アンケートにご協力ください

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

暮らし継がれる家|三井ホーム

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【2018年10月の1冊】
イメージ:今月の1冊 - 85.看護師のための明治文学 漱石の時代の介抱・看病・看護
看護師のための明治文学 漱石の時代の介抱・看病・看護

Twitter


ページ上部へ戻る