今月の1冊 - 49.「シッダールタ」

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

k21-1-1.jpg

ヘルマンヘッセ著
- 高橋健二訳-

 古典が好きな読書で、しかしヘルマンヘッセの「シッダールタ」(高橋健二訳)をまだ読んでいない人は、おそらく運がいい。この本は、ゲーテの「ファウスト」やダンテの「神曲」と同様、中高年にさしかかってから読むものだ。

 私は中1の時にうっかり文豪ドストエフスキーの「罪と罰」を、わけがわからないまま読んでしまって脳裏の読了リストに記載されてしまい、以後これを手に取ることはない。

 だから短編「シッダールタ」(高橋健二訳)をまだ知らない老読書家は、今秋(こんしゅう)の1冊として読んでみてはいかがだろう。どこの本屋にもたいていあるから入手はたやすい。

 私がこの本を初めて手にしたのはいよいよ五十にさしかかろうかというころで、主人公シッダールタが、遊女カマーラに「私は待つことができます」と言った、そのひと言が胸に刺さり、染みた。そうだ、私は待つこともできるのだ。

 結局のところ読書は自己の投影で、なかでも古典に属するものは、庶民の手から手へ、口から口へと伝えられた挙句に残り得たものだから、本質のところでウソがない。

 ヘッセは「ガラス玉演戯」などが評価されて1946年にノーベル文学賞を受賞している。

 その「ガラス玉演戯」(高橋健二訳)は手元にあるが、まだ読んでいない。70歳になった時か、余命を告げられる事態になったら、今終の一冊として読むつもりだ。(九州医事新報編集長)


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

楽採で医師の採用を「楽」に!

博多水引×九州医事新報

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【2017年5月の1冊】
イメージ:今月の1冊 - 68.こころをつなぐ小児医療
満留昭久[著]

Twitter


ページ上部へ戻る