職員満足は患者満足への道

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

高知医療センター 吉川 清志 病院長

1976 岡山大学医学部卒、同小児科学教室入局 1977 高知県立中央病院小児科1981 岡山大学医学部附属病院小児科 1986 同助手 1989 高知県立中央病院小児科 2002 同病院診療部長 2004 高知県・高知市病院組合立高知中央病院診療部長 2005 高知医療センター総合周産期母子医療センター長 2012 高知医療センター副院長・総合周産期母子医療センター長・医療安全管理センター長 2014 高知医療センター副院長・医療安全管理センター長・感染対策センター長 2015 高知医療センター病院長■資格等 小児科学会専門医(小児科指導責任医)、日本周産期・新生児学会暫定指導医、高知大学医学部臨床教授、高知県立大学臨床教授、岡山大学医学部臨床教授

 2005年に高知県立中央病院と高知市立市民病院が統合してできた高知医療センター(高知市)。今年4月に吉川清志病院長が誕生した。小児科医でもある吉川病院長に病院の役割と目指す方向性を聞いた。

c16-1-1.jpg

―院長として今の思いは。

 副院長だったこれまでは病院長が最後には決めてくれるという気楽さがありました。今は気楽さはありませんし、気も使います。でも、やりがいはあるかもしれません。職員がこの病院で働いてよかった、成長できた、と思ってくれることを目指して、やりたいことを支援しますし、医師のみならず、すべての職員が学会や研修に積極的に参加してもらいたいものです。

 当院の理念は「医療の主人公は患者さん」ですが、職員が満足していなければ、患者さんが満足する病院にはならないと思うんです。

―病院の役割は。

 高知県の医療を地域で完結するための最後の砦としての役割を果たしたいと思っています。超高齢化社会を迎える2025年に向けて、それぞれの病院の機能分化が進められます。当院は高度急性期病院としての役割を果たしながら、地域連携をさらに進めていく必要があります。

 今は地域医療センターで対応していますが、今後は入退院支援センターをつくり、入院前から情報を把握し、地域の医療介護機関との連携を強化して、患者さんが納得される円滑な退院を目指します。

 また公立病院として、標準的な医療、公平な医療も目指していかなければならないと考えていますし、総合周産期母子医療センター、救命救急センター、基幹災害拠点病院、第一種感染症指定病院などの役割も重要だと考えています。

―小児科医になった理由は。

 体の部分ではなく、人間全体を診たかったというのが理由の一つです。もともと子どもが好きだったかと聞かれるとそれほどでもなく、若いころは、目の前の子を診察し、治療するのに精いっぱいでした。でも年齢を重ね余裕が出てくると、子ども好きになっていきました。そして、目の前の子どもの将来のために、今、私ができることをしばしば考えます。

―小児科医としてうれしいこと、つらいことは。

 いろいろな病気、障害を持ったお子さんやとても小さく生まれた赤ちゃんがだんだんと成長して、自分で生活できるようになったり、元気でいる姿を見せに来てくれたりするとうれしいですね。

 一方で、どうしても治らない病気もあり、それはつらいですね。亡くなってしまったとしても、その子がしっかり生きたことを受け止めて、お父さん、お母さん、僕ら医師や看護師も一生懸命やったよね、ということを共有して、つらい事実も受け入れたいと思ってはいます。それでもやはりつらいです。

―医師数は十分ですか。

 当院の医師は4月1日現在で178人。ある程度充実していますが、不足している診療科もあり、医師確保には苦労しています。最近は研修医や若い医師も数多く来てくれて、いい状況になりつつありますね。

 地域の救急医療をどうするかが大事です。救急医療は若さやエネルギーがないとできませんが、一次、二次救急を担う病院の先生方が高齢化しています。当院を含めた三次救急の3病院、医師会などとの連携が重要です。

 高知県は小さいのでお互いの顔が見えます。だから、みんなが踏ん張って、どこかの病院が患者さんを受け入れています。小さな県のスケールメリットを生かし、より良い医療をしたい。それをしんどいと思う医師もいるかもしれませんが、私たちがやりがいを持ってやっていたら、若い人にも伝わると思うんです。

 ある時、インフルエンザが流行していて一晩に70人ほどの患者さんが来たことがありました。その夜を担当した若い女性小児科医師をねぎらったら、彼女はぐちを言うのではなく「私、やりきりました!」と。うれしかったですね。同じことが起きても、どう思うかで、その後の成長が違ってくる気がします。

―医療従事者へのメッセージを。

 若いころは知識や技術を磨いて良い医療をしたいという方に目が行きがちですが、その前に大切なのは心。患者さんの心の支えとならなければ、医療全体としてうまくいかない気がします。また院内の他のスタッフとも心をつながないと仕事もスムーズに進みません。

 安定した心を保つためにはまず健康です。心身に余裕を持ち、それを患者さんや周りのスタッフに分けられる状態でいることが大事ではないでしょうか。


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

楽採で医師の採用を「楽」に!

博多水引×九州医事新報

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【2017年6月の1冊】
イメージ:今月の1冊 - 69.あなたが認知症になったから。あなたが認知症にならなかったら。
越智須美子・越智俊二[著]

Twitter


ページ上部へ戻る