記者は見た 10月15日の好生館

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

k17-1.jpg

k17-2.jpg

k17-3.jpg

 10月15日が「世界手洗いの日」であることを、理事長インタビューのため好生館に出向いて初めて知った。

 毎年恒例の行事として、インフェクションコントロールチーム(※ICT)が10月14日から17日まで、手洗いの大切さを入館者に訴えた。また同日の午後から好生館の小児科病棟で、佐賀県と佐賀県ユニセフ協会共催の手洗いイベントが開催され、入院している子供と保護者、家族に手洗い劇やダンスなどで正しい手洗いを紹介した。

 ICTメンバーは次の通り▼前列の4人=左から吉田緑(臨床検査技師)、福岡麻美(医師)、三好恵美子(看護師)、土井球恵(臨床検査技師)▼後列左から原淳二(事務)、原淳二(医師)、中島遥子(医師)、小副川晃一(臨床検査技師)、佐野雅彦(薬剤師)、小塩和人(薬剤師)、山口健太(臨床検査技師)、岡本尚子(事務)、永石浩子(医療秘書)、撮影=田中佐智子(事務)

※=病院を介する感染症をひき起こさないように、医療現場の監視を行ない、情報収集・指導・啓発等において、実際的な活動をするための組織。


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

楽採で医師の採用を「楽」に!

博多水引×九州医事新報

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【2017年7月の1冊】
イメージ:今月の1冊 - 70.地域医療構想をどう策定するか
松田晋哉[著]

Twitter


ページ上部へ戻る