弁護士2年目、「頼られる存在になりたい」

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

弁護士法人奔流 東浦大樹弁護士

029.jpg

弁護士法人奔流 東浦大樹弁護士

 奈良県出身の27歳です。京都大学を出て関西大学の大学院を修了しました。

 弁護士1年目の昨年は、東京にある損保会社の顧問事務所で、交通事故を主に扱いました。幅広く事件を扱ってみたいと、今年1月に移籍し福岡に来ました。

 今は池永満弁護士が立ち上げた事務所にいます。代表は次男の修弁護士です。

 本部は九州大学病院のすぐ近く、県庁の前にありますが、司法過疎地の住民の法律的な手助けを重視しており、宗像市、朝倉市、飯塚市、直方市、田川市に支部事務所があります。

 医療や介護の事故のほか、建築紛争や行政事件などを主に扱い、患者側の立場にしか立たないことが事務所の方針なので、モンスターペイシェントのような事案は扱ったことがありません。医療過誤調査をしますが、裁判になる案件は3分の1程度でしょうか。無理な相談をする患者さんもいますから、その時は断っています。

 趣味はおいしいものを食べること。福岡は美味しいものが多い土地ですから、同期の弁護士にお店を紹介してもらっています。お酒を飲むことや、カラオケも好きです。

 現在まだ独身です。好きな女性のタイプは家庭的な人。料理が上手で、子供が好きな人がいいですね。

 4月までは本部に勤めていましたが、今月からは宗像オフィスで働いています。宗像の人に頼られる存在になりたいと考えています。

 問い合わせ=本部TEL:092(642)8525


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

楽採で医師の採用を「楽」に!

博多水引×九州医事新報

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

暮らし継がれる家|三井ホーム

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【2018年6月の1冊】
イメージ:今月の1冊 - 81.オシムの言葉 増補改訂版
オシムの言葉 増補改訂版

Twitter


ページ上部へ戻る