福岡市中央区天神のエルガーラホールとパサージュ広場で看護の日のつどい

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

009.jpg

5月12日は看護の日

013.jpg

010.jpg

救急蘇生の大切さを歌で訴える竹下正章=九州大学病院、中松耕治=飯塚病院、大林朗=個人、小田浩之=飯塚病院の4氏

011.jpg

012.jpg

日本看護協会公認のキャラクター「カンゴサウルス」

 5月12日の看護の日を前に、福岡県看護協会主催の「看護の日のつどい」が10日、福岡市中央区天神のエルガーラホールとパサージュ広場で開かれた。例年、ナースプラザ福岡(東区馬出)で開催されており、一般会場で行なわれるのは初めて。

 パサージュ広場に設けられた「まちの保健室」では、23人の看護師と保健師が、健康相談のほか血管年齢、骨密度、脂肪

率を測定。市民475人の参加で行列ができるほどの人気だった。

 会場周辺を練り歩いていた日本看護協会公認のキャラクター「カンゴサウルス」(右の写真)の胸の文字WLBは、ワークライフバランス推進を応援する「繁栄」と「変革」のシンボルだという。

 終日好天に恵まれ、AEDと救急蘇生の実演には多くの通行人が足を止めて見入っていた。「看護師になるための進路相談」は看護師4人が対応した。また「女性のからだの相談」コーナーは助産師5人と乳がん看護認定看護師2人が担当して、来場者の質問に答えた。

 エルガーラホールの講演会には、看護師になることを希望する学生など531人が集まった。千早病院の看護師、専光寺由貴さんと、福岡市民病院に勤める看護師、三本松理香さんが、看護師になってからの経験や夢を語った。元ミスインターナショナル準日本代表、鈴木ひとみさんの講演は参加者から「勇気と感動をもらった」、「どんな状況でも前向きに生きることはすばらしい」という声が聞かれ、大きな拍手が送られた。


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

九州医事新報社ブログ

読者アンケートにご協力ください

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

暮らし継がれる家|三井ホーム

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【2018年10月の1冊】
イメージ:今月の1冊 - 85.看護師のための明治文学 漱石の時代の介抱・看病・看護
看護師のための明治文学 漱石の時代の介抱・看病・看護

Twitter


ページ上部へ戻る