福岡県医師会が情報発信を強化

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

医師会立准看護師養成所の各学年1人に 江口姉妹基金

69.jpg

あいさつをする松田会長

 2か月に1度開催される福岡県医師会の定例記者会見が、3月19日、福岡市博多区の福岡県医師会館で行なわれた。

 杉健三理事は、今年4月から施行される「江口姉妹基金に対する奨学金規定」を紹介した。この基金は、昨年8月22日に福岡県大牟田市で㈲江口栄商店を経営していた江口孝恵さん(故人)から1億円の寄附があったことをきっかけに設置されたもので、福岡県内にある17か所の医師会立准看護師養成所に在籍する学生に給付する奨学金。今年度以降に在籍している学生が対象で、各養成所の各学年から1名が、養成所の長の推薦を受け申請書を提出する。学業成績や保護者の収入状況などを考慮して、運営委員会が給付を決定するという。月額2万円の給付で、原則返還義務は発生しないとのこと。

 原祐一理事は、今年4月から北九州市若松区と、古賀市を含む糟屋郡一帯で試験的に始めた、福岡県医師会診療情報ネットワーク「とびうめネット」について紹介した。かかりつけ医を通して市民が事前に、病歴や服用中の薬、アレルギーの有無などの医療情報を医師会のサーバに登録するもの。緊急時に病院や消防・救急隊が閲覧する。

 そのほか、感染症の発生動向や花粉症についての情報が報告された。インフルエンザに注意が呼びかけられたほか、厚労省健康局結核感染症課が出した麻しん患者の増加を知らせる連絡などが紹介された。また今年も先天性風疹症候群が増えているという。

 松田峻一良会長はあいさつで「これまでは記者会見の内容を、医報やウェブサイトを通し、文章として伝えていたが、今後は映像として情報発信する。幅広い年代の県民に対して、案内板の役割を担う」と述べた。会見の様子は5分ほどの動画に編集され、ウェブサイトで誰でも無料で視聴できる。


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

楽採で医師の採用を「楽」に!

博多水引×九州医事新報

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【2018年4月の1冊】
イメージ:今月の1冊 - 79.A Child Is Born 赤ちゃんの誕生
A Child Is Born 赤ちゃんの誕生

Twitter


ページ上部へ戻る