福大病院で脳卒中の市民講座

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

 福岡大学医学部脳神経外科は5月10日午後1時から5時まで、福岡大学病院メディカルホールで、市民講座「脳卒中=最先端手術とロボットスーツHAL」を開催する。

 講師は緒方利安(神経内科)、岩朝光利(脳外科)、阿部洋(同)、野中将(同)、濵田緒美(同)の各氏。司会を坪井義夫神経内科教授と井上亨脳外科教授が担当する。

 参加無料。問い合せはTEl:092-801-1011(内線3445)


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

九州医事新報社ブログ

読者アンケートにご協力ください

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

暮らし継がれる家|三井ホーム

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【2018年10月の1冊】
イメージ:今月の1冊 - 85.看護師のための明治文学 漱石の時代の介抱・看病・看護
看護師のための明治文学 漱石の時代の介抱・看病・看護

Twitter


ページ上部へ戻る