九州がんセンター創立記念日に高精度放射線治療センター開所

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

世界最高水準の放射線治療が九州に

11.jpg

世界最高水準の放射線治療が九州に

 トゥルービームの大きな特徴は、放射線の形状を整え、がんの周囲だけを破壊すること。リーフと呼ばれる照射部分は、通常5㎜でも「非常に細かい」と表現されるが、今回導入されたものは2・5㎜で、健常な組織をほとんど破壊せずに治療が可能。胸の上に置いた器具を赤外線で感知し、息を吐いたタイミングなどに合わせて照射できる。動体追跡の機能はなく、断続的に照射し治療する。

 また、放射線治療では出力が低いと放射線量が少なく、治療時間が長くなるが、今回導入した装置では、通常の使用でも極めて高い放射線量で照射可能で、定位放射治療や強度変調放射線治療(IMRT)などの高精度な治療を、通常の5分の1程度の時間で可能にする。また患者にあわせて、5種類のX線エネルギーを選ぶことができ、治療効果やQOLの向上に寄与するという。

 放射装置に付属して、放射線治療用の64列CTを設置しており、呼吸位相に合わせた画像作成機能や、腔内照射の線源確認の際に金属で乱反射しない機能などを備えている。2方向から撮影することで、照射のズレを極めて軽減させる。

関連記事:九州がんセンターに米国からモンスター


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

読者アンケートにご協力ください

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

暮らし継がれる家|三井ホーム

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【2018年10月の1冊】
イメージ:今月の1冊 - 85.看護師のための明治文学 漱石の時代の介抱・看病・看護
看護師のための明治文学 漱石の時代の介抱・看病・看護

Twitter


ページ上部へ戻る