首有別帖

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく
  • 2月3日、厚労省は、富山化学が開発したインフルエンザの治療薬を承認する方針を示した。用法の難しさから、条件付きの承認が検討されている
  • 良薬が毒にもなることは、医療従事者でなくとも知っている。使い方が大事だが、それは人も同じかもしれない
  • 9日、都知事選が行なわれた。前任者の突然の辞任が発端であるから、手薬煉(てぐすね)を引いて待っていた候補者はいなかっただろう
  • そのためか、あまり盛り上がらなかったようだ。史上3番目の低投票率も、記録的な積雪ばかりが原因ではないだろう
  • 結果、劇薬的ではない都知事が誕生したように思う。猛毒にならないだろうという意味では、悪い結果ではない、とも評価できる
  • 新しい都知事が、二階から目薬をさすような都政をしないことを期待したい

九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

読者アンケートにご協力ください

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

暮らし継がれる家|三井ホーム

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【2018年10月の1冊】
イメージ:今月の1冊 - 85.看護師のための明治文学 漱石の時代の介抱・看病・看護
看護師のための明治文学 漱石の時代の介抱・看病・看護

Twitter


ページ上部へ戻る