2014年 新年のご挨拶|福岡県医師会 会長 松田峻一良

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

1.jpg

福岡県医師会 会長 松田峻一良

 新年明けましておめでとうございます。

 皆様には、健やかに2014年の新春をお迎えのことと存じます。

 昨年は東京オリンピックの招致決定や富士山の世界遺産登録など明るいニュースがある一方、竜巻や台風による自然災害が多い年でもありました。

 昨年閣議決定された「日本再興戦略」では、保険外併用療養の拡大が示され、社会保障を聖域とせず大胆に見直すという考えのもと進められている「経済財政諮問会議」においては、安倍首相が本年度予算編成をめぐり、「診療報酬の在り方を含む社会保障の歳出合理化・効率化に取り組む」と発言されております。

 国民が望んでいるのは社会保障、そして医療の充実です。

 財政再建と継続を可能にするために、医療制度の改革が必要であることは充分理解しながらも、世界に誇る国民皆保険制度を脅かすような改革の方向性と対策の判断は絶対に誤ることはできません。

 福岡県医師会では、地域医療再生基金を活用した医療情報連携システムの構築を進めており、将来的には、県民が選択し、安心できる医療情報の共有を目指すという理念の下、県下全域を繋ぐネットワークを構築し、多くの先生方にご参加いただきたいと考えております。また、新たな事業の一つとして、「福岡県医師会認定総合医(新かかりつけ医)制度」を創設し、日常診療の他に、学校医、健診、予防接種等に従事し、かかりつけ医として地域医療を支えている医師の支援を行ってまいります。

 「診療行為に関連した死亡の調査分析事業」につきましては、本会が全国に先駆けて取り組んできた「福岡方式」を「九州モデル」へ発展させることになりました。今後も、医療従事者に必要な事業を、福岡県から九州へ、九州から全国へ拡げていきたいと考えております。昨年4月に福岡県医師会は公益社団法人に移行し、新たなスタートをきりました。本年も引続き、地域医療の充実に向けて努力してまいりますので、皆様のご協力、ご支援をよろしくお願い申し上げます。皆様のご多幸と、ご健勝を心から祈念し新年のご挨拶といたします。


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

楽採で医師の採用を「楽」に!

博多水引×九州医事新報

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【2018年4月の1冊】
イメージ:今月の1冊 - 79.A Child Is Born 赤ちゃんの誕生
A Child Is Born 赤ちゃんの誕生

Twitter


ページ上部へ戻る