聴診器

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく
看護師は走る
 ある縁で59歳のカンボジア人女性を福岡に招き、貝塚病院で人間ドックを受けさせた。母国で骨粗鬆症と診断され、右腕も上がらなかった。検査の結果、骨密度は若い人の97%。腕も医師の助言で、一週間後に真上にあがるようになった。受診の感想を聞くと、「ナースが走っているのにびっくりした。お医者さんもナースもやさしかった」と言う。たぶん早歩きが走っているように見えたのだ。医師も英語の専門書を開いて、帰国して買う薬の名前を書いてくれた。日本の常識が、外国の目には感動に映る。そこを誇りにしたい。後日、カンボジアで薬が見つかったと電話があった。(川本)
トイレが壊れた
 歯医者で虫歯を治療をし、帰りに必ず服用せよと4日分のペニシリン系抗生物質を渡された。注意書きとして、「腸内の菌のバランスが変わるので下痢に注意」という意味の言葉が書いてある。翌日、自宅のトイレのタンクが壊れ、ほとほと困った。仕事が忙しく、1週間ほどそのままだったが、水をバケツで流しながら、腹を下さないよう、気をつけて生活した。(平増)
早く来て、救急車!
 あまりの猛暑が原因で、馬出の路上に老婆がしゃがみ込み、通り合わせた若い3人の会社員に介抱されていた。1人は鞄を頭の上にかざして日陰を作り、1人はノートで扇ぎ、もう1人はペットボトルの水を飲ませていた。救急車を呼ぼうかと尋ねると、もう呼びましたと言う。なんとなくうれしくなり、あたりを見回して救急車を探した。(綾部)

九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

博多水引×九州医事新報

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

暮らし継がれる家|三井ホーム

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【2018年8月の1冊】
イメージ:今月の1冊 - 83.古生物学者、妖怪を掘る 鵺の正体、鬼の真実
古生物学者、妖怪を掘る 鵺の正体、鬼の真実

Twitter


ページ上部へ戻る