創薬研究の最前線 から臨床応用まで

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

 5月19日、福岡市東区馬出の九州大学コラボ・ステーションⅠで、平成25年度九州大学大学院薬学研究院公開講座の開講式と第1回の講座が行われた。全5回の開催で、対象は薬剤師および一般市民。3回以上の出席で修了証書が授与される。また、財団法人日本薬剤師研修センターの集合研修会となり、1日につき1単位が認定される。

 第1回は九州大学大学院薬学研究院の西田基宏准教授が「企業がやらない・やれないアカデミア創薬」と題して、九州大学が開発する心循環器薬を例に、新薬シーズの発見などについて講義した。

 次回6月16日は、九州大学大学院薬学研究院の麻生真理子准教授が、核酸医薬について講義する予定。問い合せは九州大学医系学部等総務課総務第一係薬学公開講座担当。

TEL:092-642-6248


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

楽採で医師の採用を「楽」に!

博多水引×九州医事新報

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【草水 敏[原作] 恵 三朗[漫画]】
イメージ:今月の1冊 - 73.フラジャイル 病理医岸京一郎の所見
フラジャイル 病理医岸京一郎の所見

Twitter


ページ上部へ戻る