カフェで学ぼうがんのこと 「リンパ腫と白血病」「婦人科のがん」

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

13.jpg

14.jpg

福岡市中央区の西鉄グランドホテルで2月20日、癌の講演会があった。久留米大学先端癌治療研究センターとNPOウィッグリングジャパンが企画し、㈶福岡県すこやか研究事業団の協力で、ほぼ毎月行なわれているもので通算17回目=写真上

この日の講師は久留米大学医学部=血液・腫瘍内科の長藤宏司准教授。「普段は癌患者とだけ話している。患者とそうでない人が混在している場は今日が初めて」と言いながら、集まった40人に「リンパ腫と白血病」を解説、それぞれの違いも説明した。

講演の終盤に長藤准教授は「誰にもそれぞれの人生がある。治療方法を決めるのは患者さん本人だが、症状と治療の組み合わせをいちばん分かっているのは担当医。セカンドオピニオンを探す前に、ファーストオピニオンを理解することが大切」と述べた。

第18回目は3月11日、博多阪急イベントホールで開かれた。講師は久留米大学医学部産婦人科学講座の河野光一郎助教。参加した30人に、子宮癌と卵巣癌について話した。=写真下

講演の様子は毎回、インターネットで全国に無料動画配信されており、ライブラリーとしてDVDにもまとめられているという。
問合せはTEL:092-725-6623=ウィッグリングジャパン(福岡市中央区天神)まで。


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

楽採で医師の採用を「楽」に!

博多水引×九州医事新報

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【草水 敏[原作] 恵 三朗[漫画]】
イメージ:今月の1冊 - 73.フラジャイル 病理医岸京一郎の所見
フラジャイル 病理医岸京一郎の所見

Twitter


ページ上部へ戻る