訪問看護のスキルアップめざし福岡県看護協会で実演と講義

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

訪問看護経験3年以上を対象に

09.jpg

福岡看護協会(東区馬出)で11月21日、訪問看護3年以上の経験者を対象にした「スキルアップ研修」が行なわれた。

講師は長崎大学医学部保健学科の千住秀明理学療法士。集まった70人に呼吸リハビリ技術を詳しく教えた。実際に則した指導に、参加者は何度もうなづき、時おり笑い声が会場を包んだ。

参加者の1人は「1日6時間の研修なので休暇を使った。職場からの参加ならもっと活かせる」と話していた。

この研修は今年12月まで5回に渡って開かれ、翌日の22日には、福岡プライマリケア訪問看護ステーション管理者の熊谷紀子さんが、良好な人間関係を築くためのコミュニケーションとストレス解消法を講義したほか、同29日には在宅での人工呼吸器の使用法を、矢津内科消化器科クリニック緩和ケアサロンの白川美弥子看護師が実演指導、12月13日には訪問看護のサービスと経営管理について、熊本県立大学の横山利枝教授が教えた。また同19日の午前中は褥瘡の管理と手技を、九州労災病院の皮膚・排泄ケア認定看護師、下畑由美さんが実演、午後からは黒木クリニック事務長の黒木惠美看護師が、訪問看護のリスクマネジメントについて講義した。


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

博多水引×九州医事新報

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

暮らし継がれる家|三井ホーム

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【2018年7月の1冊】
イメージ:今月の1冊 - 82.さいごまで「自分らしく」あるためにホスピスの現場から
さいごまで「自分らしく」あるためにホスピスの現場から

Twitter


ページ上部へ戻る