カフェで学ぼうがんのこと

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

久留米大学泌尿器科学講座 守屋普久子助教 【年1 回の検診を心がけて】

021.jpg

12回目の今回は福岡市を飛び出して、9月11日に飯塚市菰田のさかえ屋本店「カフェテリア風の音」で開かれた

飯塚菰田のさかえ屋で

NPO法人ウィッグリング・ジャパンと久留米大学が毎月開催している共同企画「カフェで学ぼうがんのこと」。

12回目の今回は福岡市を飛び出して、9月11日に飯塚市菰田のさかえ屋本店「カフェテリア風の音」で開かれた=写真。

テーマは「腎がん、膀胱がん、前立腺がん」で、講師は久留米大学泌尿器科学講座の守屋普久子助教。守屋助教は、泌尿器のがんが発見されるきっかけや、治療法と予防法を説明し、「前立腺がんは治療法が数多くあるため、採血(PSA)で早く見つかれば、それだけ治る可能性も高い。腎がんは定期的にCTや超音波エコー検査を受けていれば、発見・治療もしやすい。膀胱がんは、血尿がきっかけで発見されてもすでに手遅れの場合もあり、完治しにくい。それでも血尿が出たら、ためらわずに病院に行くことが大切。最低年1回の検診を心がけてほしい」と語った。

10月16日には福岡天神の西鉄グランドホテルグランカフェで、久留米大学病院がん集学治療センターの藤井輝彦准教授が、乳がんの治療について話した(次号に詳細)。

年内の予定は以下の通り。

  • 11月15日「がんワクチン」について=久留米大学先端癌治療センター山田亮所長(北九州市・フラミンゴ・カフェ)
  • 12月「肺がんについて」=九州がんセンター呼吸器腫瘍科竹之山光広医長(天神イムズ・シャンガーデン)

九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

楽採で医師の採用を「楽」に!

博多水引×九州医事新報

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【著者:俵 浩三】
イメージ:今月の1冊 - 76.牧野植物図鑑の謎

Twitter


ページ上部へ戻る