元気をどんたくから

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

200人が意気揚々とパレード

020.jpg

021.jpg

下は前日2日、博多区堅粕での準備風景。

福岡市民が毎年心待ちにする博多どんたく港まつりが5月3、4日の両日開かれ、がん・バッテン・元気隊を中心とするがん患者の会がパレードに参加した。

参加団体は患者会のほかに、リレー・フォー・ライフ、たたらリハビリテーション病院、福岡県すこやか健康事業団、細胞検査士会など総勢200人。

青葉の会の村田広志事務局長は「参加者が多いので大変だが、なんとか一体感を出したい」。

今回がパレード初参加だと言う女性は「とてもウキウキしています。気持ちからがんを治したい」と語り、軽い足取りでパレードの列に入っていった。


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

読者アンケートにご協力ください

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

暮らし継がれる家|三井ホーム

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【2018年10月の1冊】
イメージ:今月の1冊 - 85.看護師のための明治文学 漱石の時代の介抱・看病・看護
看護師のための明治文学 漱石の時代の介抱・看病・看護

Twitter


ページ上部へ戻る