病院機能評価事業とは

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

㈶日本医療機能評価機構の病院機能評価事業は、病院が組織的に医療を提供するための基本的な機能 が適切に実施されているかどうかを評価する仕組み。評価調査者が中立公平な立場で病院の活動評価し、明らかになった課題を改善することで、医療の質向上が図られる。

審査の結果一定の水準を満たしていると認められた病院が「認定病院」となる。認定病院は、地域に根ざし、安心・安全、信頼と納得の得られる医療サービスの提供に日頃努力している病院であると言え、全国の病院の約3割が認定されている。

評価の対象領域として、「病院組織の運営と地域における役割」、「患者の権利と医療の質および安全の確保」、「療養環境と患者サービス」、「医療提供の組織と運営」、「医療の質と安全のためのケアプロセス」、「病院運営管理の合理性」、「 精神科に特有な病院機能」、「療養病床に特有な病院機能」の8項目がある。

九州各県の病院機能評価認定施設件数
福岡 145
佐賀  29
長崎  39
熊本  68
大分  49
宮崎  32
鹿児島 78

九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

楽採で医師の採用を「楽」に!

博多水引×九州医事新報

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【草水 敏[原作] 恵 三朗[漫画]】
イメージ:今月の1冊 - 73.フラジャイル 病理医岸京一郎の所見
フラジャイル 病理医岸京一郎の所見

Twitter


ページ上部へ戻る