元福岡県医師会副会長 村岡伸也氏に 旭日双光章

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

元福岡県医師会副会長 村岡伸也氏に旭日双光章

元福岡県医師会副会長 村岡伸也氏に旭日双光章

秋の叙勲で元福岡県医師会副会長の村岡伸也氏(75=久留米市)が旭日双光章を授章した。
昭和30年久留米大学医学部に入学、同37年久留米大学医学部第一外科に入局。昭和45年、長男の誕生をきっかけに村岡外科医院を開業した。
半年前に院長の座を長男に譲り、現在は介護老人保健施設ヴィラくしはらの施設長と村岡外科医院の理事長を務める。
40代の若さで久留米市医師会会長となり、県医師会副会長の在任期間も併せて約30年間医師会の活動に携わった。
結婚も開業も速かったのは母親から教えられた「先んずれば人を制す」をモットーとしたから。「このたびの授章は、人生の節目で助言をいただき、背を押してくれた先輩と、いっしょに医師会活動をしてきた先生方のおかげ。これからは、1年でも多く長男の村岡外科医院を手伝い、地域の役に立っていきたい」と語った。(那)


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

読者アンケートにご協力ください

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

暮らし継がれる家|三井ホーム

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【2018年10月の1冊】
イメージ:今月の1冊 - 85.看護師のための明治文学 漱石の時代の介抱・看病・看護
看護師のための明治文学 漱石の時代の介抱・看病・看護

Twitter


ページ上部へ戻る