夜明けの前の美術館開館によせて

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

「心あるもの」はすべて芸術

飯塚市鯰田のアトリエで(10月25日=本紙撮影)

飯塚市鯰田のアトリエで(10月25日=本紙撮影)

私は、「心あるもの」はすべて芸術だと思います。それが形であったり技術であったり、活動であったり、音楽や文章、言葉など、いろんな表現方法があります。たまに、壊れるさまや妬(ねた)みなどを表現して「これは芸術だ」と言う人もいますが、それを私は芸術とは言いません。なぜなら人を破壊するものは芸術と相容れないからです。 バルセロナオリンピックのあった年、テレビに映る「カサ・ミラ・サグラダファミリア教会」に魅了され、スペインに行きました。そして数々のガウディ建築と出会い、その偉大さに感動したことを覚えています。 なかでもグエル公園の美しいタイルに腰を下ろした時、実世界に存在する欲望などといったものから開放され、時という存在すらない「無の世界」のような不思議な感覚に引き込まれました。そこから見上げた空や、鳥の唄声、老夫婦がたたずむ姿など、すべてが調和している中で、芸術は人の心を楽にしてくれるものだな、と思いました。そしてこの世界には美しいものがたくさんあることに気がつきました。 日本に戻ってしばらくは、「ガウディのような完璧なものなど作れない」と思っていましたが、再びそれを思い出すことで、今できる私を表現すればいいのだということに気がつき、こんな私でも何かを生み出すことが出来るかもしれないと勇気をもらったのです。 芸術は人の心を癒す力、そして感動を与えてくれるものだと思います。 「心あるものを形にすること」。それが私の仕事だと思います。(そのだ正治)


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

楽採で医師の採用を「楽」に!

博多水引×九州医事新報

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

暮らし継がれる家|三井ホーム

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【2018年6月の1冊】
イメージ:今月の1冊 - 81.オシムの言葉 増補改訂版
オシムの言葉 増補改訂版

Twitter


ページ上部へ戻る