第13回日本成人先天性心疾患学会

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

九州で初の開催となった日本成人先天性心疾患学会会場

九州で初の開催となった日本成人先天性心疾患学会会場

第13回日本成人先天性心疾患学会(会長 城尾邦隆)が1月8~9日福岡市の福岡国際会議場で開催された。先天性心疾患は小児科の専門分野とされてきたが、長期生存が可能になった現在、成人先天性心疾患への対応も重要になってきている。学会の大きな二つのテーマは「フォンタン手術遠隔期の成人への対応と画像診断」、「情報ネットワークの臨床応用」。カナダ、韓国、ドイツ、米国の医師らの報告もあり、2日間、延べ600人が熱心に聴講、議論した。

九州で初開催

【会長挨拶】九州厚生年金病院副院長・小児循環器 城尾 邦隆 会長
本学会は、1999年1月に「日本成人先天性心疾患研究会」として発足し、小児循環器科医、循環器内科医、心臓血管外科医および産婦人科医の各専門分野の垣根をこえた学際的交流にとどまらず、看護師はじめ多種類の診療協力部門の参加を得て...
【シンポジウム】日本における成人期に達したFontan術後患者の疫学と臨床像
― 全国アンケート集計から ― 九州厚生年金病院小児科 渡辺まみ江・宗内淳・弓削哲二・城尾邦隆 【背景】成人期に達したFontan術後の患者は、生命予後の改善とともに増加しているが、その生活やQOLは十分には知られていない。【目的...
【セミナー】チーム医療に欠かせない情報ネットワーク構築と心臓超音波診断の取り組み
九州厚生年金病院 医療情報部・超音波指導医 野間 充 多職種が診療記録・検査情報・画像情報(静止画と動画)情報を共有して活用できることは、成人先天性心疾患の診療に大変役立つことを実感しています。今回、当院で行ってきた情報ネット...
【一般口演】1~3
成人先天性心疾患外来開設5年後の現状 満下紀恵(口演者)、田中靖彦、小野安生(静岡県立こども病院循環器科)土井修(静岡県立総合病院循環器科) 【背景】小児専門施設においてキャリーオーバーの問題は年々大きくなっているがその解決は...

九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

博多水引×九州医事新報

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

暮らし継がれる家|三井ホーム

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【2018年9月の1冊】
イメージ:今月の1冊 - 84.サザンオールスターズ 1978-1985
サザンオールスターズ 1978-1985

Twitter


ページ上部へ戻る