北部九州から発信する世界最先端のがん治療

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

市民公開講座 会場

11月27日、北九州市西日本総合展示場で市民公開講座が行われ、久留米大学が中心となって行っている最先端のがん治療法や行政・地域が行っている取り組みについて講演が行われた。講演の中から二つの最先端がん治療法について紹介する。

市民公開講座

テーラーメイドがんワクチン療法
久留米大学医学部先端癌治療研究センター臨床研究部門 野口 正典 教授
日本人の一番の死因であるがんをどのように治療するのかというのは重要な問題ですが、現在早期がんであれば外科的切除、重粒子線も含めた放射線治療で治すことができます。そういった標準治療が効かなくなった場合は抗がん剤治療(分子標的...
佐賀県の先端的がん治療重粒子線治療について
久留米大学医学部放射線医学教室 淡河 恵津世 准教授
粒子線を大きく二つに分けると陽子線と重粒子線に分けることができ、陽子線は水素イオンから重粒子線は炭素イオンから成り立っています。水素は無色無臭の気体で水の成分であり非常に軽く燃えやすいという性質があります。炭素は人体の2/3...
重粒子線治療による悪性骨軟部腫瘍に対する治療の実際
久留米大学医学部整形外科 平岡 弘二 講師
-重粒子線治療は手術治療より有効か- 悪性骨軟部腫瘍とは骨や軟部組織(筋肉、脂肪や神経)に発生する肉腫と呼ばれる腫瘍のことであり、肺、消化管などに生じる一般的な「がん」とは性質が異なります。肉腫に対する治療の基本は原発巣の...

九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

読者アンケートにご協力ください

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

暮らし継がれる家|三井ホーム

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【2018年10月の1冊】
イメージ:今月の1冊 - 85.看護師のための明治文学 漱石の時代の介抱・看病・看護
看護師のための明治文学 漱石の時代の介抱・看病・看護

Twitter


ページ上部へ戻る